2019年4月19日金曜日

噴火について。


4月16日の阿蘇山の噴火が全国的なニュースになったようなので、こちらにもチラホラ問い合わせが来ました。


今回の“噴火”時はこちらでは特に噴火に気づくこともなく、東京のどこかのマスコミの方から電話があり状況を聞かれたものですから、噴火があったことが分かりました。



上の写真は噴火時ではなく翌日の夕方です。煙多めです。


つい2日前に噴火警戒レベルが2に上がったところだったので、気象庁及び阿蘇火山防災会議協議会のみなさまは大変いい仕事をされたんじゃないかと思います(←エラソーに)。

本日も噴火があったようですが、今回の一連の噴火はいわゆる“ごく小規模な噴火”でして、阿蘇の街はいたって平常運転です。



今回あらためて噴火の定義をネットで調べてみたらこう書いてありました。
-------------
噴火の規模については、大規模なものから小規模なものまで様々であるが、固形物が噴出場所から水平若しくは垂直距離概ね100~300m の範囲を超すものを噴火として記録する。
-------------

今回の見るからにショボかった“噴火”でも“固形物”が垂直に100m以上飛んだんだと感心しましたが、“固形物”とはなんぞやというと、どうやら火山灰、岩塊等とされているようです。“灰”も入るんですね(←ダジャレではない)。




私思うのですが、この“噴火”という単語が実態を正確に表してなく、必要以上にニュースを見た人々をビビらすケースが阿蘇では多いんじゃないでしょうか。だって“火”噴いてないですからね。いえば“豆腐”みたいなもんです(腐ってないじゃん、っていう)。

やはりストロンボリ噴火ぐらいの噴火が“噴火”っていう感じがします。


気象庁の説明によると、
-------------
被害をもたらさない程度の小規模な噴火現象については、防災上混乱をきたさないよう、「ごく小規模な噴火」等の表現を用います。
-------------
とされていますが、そんなまどろっこしい言い方じゃなく、噴灰とか粉っぽい火山灰が噴出したということで、『噴粉』などと言ったらいいのにと勝手に考えています。

ニュース速報でアナウンサーが、

「先ほど○○時○○分ごろ、阿蘇山がフンコしました。」とか言ったら晩御飯を食べている方々が噴飯ものの聞き間違いをしてしまいそうですが、宿を予約した人が慌ててキャンセルをしたりすることも減るような気がするのですが(まあもちろんいいんですけどね、心配な方はキャンセルされて。)。

2019年4月15日月曜日

よいニュースとわるいニュース。

There is good news and bad news. Which one do you wanna hear first?

良いニュースと悪いニュースを同時に保持しているケースが日本人よりアメリカ人の方が圧倒的に多いのだ、と個人的に断定してしまった程、よおく聞いたフレーズです(以前の職場で一時期米国に出向させてもらっていました)。

私はショートケーキを食べるなら苺を一番最後に食べるタイプですので、いつも悪いニュースを先にしてくださいと言っていました。


もうご存知の方も多いでしょうが、阿蘇観光に関して良いニュースと悪いニュースがあって大事なことなのでコレ書いています。

苺を一番先に食べる方のために、よいニュースから行きます。

熊本阿蘇を結ぶ豊肥本線の熊本地震による不通区間が2020年度内に復旧され、運転再開される見通し。とのこと。

復旧がいつになるか全然情報がない状況だったので、国道57号線の開通と同じくらいで復旧するとは結構なサプライズ。思いがけずうれしいニュースでした。

で、悪いニュースを。
噴火警戒レベルが昨日4月14日より、また2に上がりました。火口見学からの高岳登山はまたしばらくおあずけです。令和のスタートはレベル2からでしょうか。これはまあ仕方ありませんね。



2019年4月8日月曜日

清掃パートさん募集。


阿蘇ベースでは館内の清掃を手伝っていただけるパートさん、アルバイトの方を募集をしております。




毎日 10:30~13:00 の2時間30分 週に4、5日程度希望

時給は850円から。

年齢経験不問ですが、2段ベッドの上段に上ることができる方。午前中からお昼過ぎにかけて少し空いた時間があり、その時間でちょっとお小遣い稼ぎしたい方。

まずはメールかお電話でご連絡ください。

ASO BASE BACKPACKERS

asobase@aso-backpackers.com
0967-34-0408 / 080-6950-3051


ご応募お待ちしております。